ベース

#7 ドラムとベースはアクセントでグルーヴ

Read Time:11 Second

ベースフレーズの作り方で肝になるのはドラムとのリンクとの事で、どんなメロディフレーズを演奏するにしても、ドラムの協調している部分とベースの出だしを合わせることで、ドラムの響きもしっかりと聞こえるし、ベース音もガン!と主張が強くなる

結果的にメロディラインを支えるコード進行のベース音が響いて、曲の繋がりや展開が想像しやすくなり、聴いてる人も「この感じは・・ここから盛りあがっていく!?」と予想ノリができやすい=それがグルーヴ感として伝わりやすい

だから曲の製作でベースラインに迷ったら、とりあえずドラムのリズムを決めて、そのリズムの頭にコードのベースを置いて、そこから歩かせるか、走らせるか、飛ぶか、泳ぐかを決める事で、メロディなのか、連打がいいのか、探っていければ、ピアノやギター、味付けの調理法が見えてきやすいかもしれない

動いたり、調理したり、俺はなんの説明をしてるんだ(笑)でも曲作りってそういうアスリート的かつ創作料理のようなものなのかもしれない

なんてな(゚∀゚)アヒャ Σ(゚Д゚)

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。